高知聖母幼稚園
教育方針


本園は、カトリック精神に基づいた幼児教育を行うとともに、マリア・モンテッソーリの教育方針に沿った人格形成をめざします。






モンテッソーリ教育法による保育

  • 年齢混合(満3歳・3歳・4歳・5歳)縦割クラス編成
  • 年齢別横割活動(運動・音楽・絵画・リトミック・茶道など)


子どもたちを主体とした保育室。
園舎前の広い中島町公園をグラウンドとして使います。
創立65年の歴史をもつ、木造保育室とホール。


図書室・絵画室・音楽室もあります。



 本園は月〜金までの週五日制で、午前9時より午後2時までとなります。
土・日は休園となりますが、行事を実施する場合があります。その場合は代休となります。
子どもの一日のながれ」をご覧ください。



モンテッソーリ教育は、1907年イタリアの医師マリア・モンテッソーリによって始められました。

目的=自立した子どもを育てる

モンテッソーリ教育法の基本は「子どもは自ら成長、発達させる力をもって生まれてくる。大人(親・教師)はその要求を汲み取り、自由を保障し、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない」という考え方にあります。
この理念に基づいて、子どもたちが生活する環境を整備し、ひとりひとりが自主的に活動できるよう、教師は援助しながら見守ります。
子どもたちは自分のやりたい活動(=お仕事)にいきいきと取り組み、人格形成をしていきます。

モンテッソーリ教育の領域
日常生活の練習
着衣枠(ボタン) 洗濯 葉拭き お茶のサービス

感覚訓練
ピンクタワー 色付き円柱 二項式 色板V

数教育
数の棒と数字カードの一致 つむぎ棒(0〜9の数) 切手遊び(4桁の掛算) へび遊び(1桁の複数足し算)

言語教育
メタルインセット 絵合わせカード 文字の箱 砂文字

地理
日本地図 色付き世界地図 はめ込み世界地図 私の世界地図作り

コスミック教育
野菜を育てる 植物(根)の分類 あさり貝の観察 イカの観察

茶道
お母さんとのお茶会